上質な関係を育てるコミュニケーションのために

「ねじれた夫との関係を修復する恋文をお願いします」

「どうして彼は、こういう風にしてくれないの? ひょっとして私のことが好きじゃない!?」相手を思えば思うほど、そんな気持ちに胸が苦しくなること、ありませんか? でもちょっと待って。お相手の「目に見えないメッセージ」をきちんと受け止められていますか? 実はとても大事なサインを、あなたの価値観によって見過ごしてしまってはいないでしょうか? 恋子があなたの鏡となり俯瞰のカメラとして、その大切なものを見落とさないようにサポート。お相手の価値観を計算に入れながら、「喜ばれる文章」をつむぎます。

素直になったら、貴方の愛にたくさん気がつきました。

(M.Oさん 30歳 専門職 神奈川県在住)

Kちゃんへ 

大切なことに、私はようやく気がついたよ。 

この半年の間だ、私が、哀しい顔をしているときも、わめいて取り乱したときも、
ずっとそばにいてくれて、本当にどうもありがとう。

あんなに落ち込んでいた私のところに、それでも毎日、必ず帰ってきてくれたことが、
どんなに励みになったことかしら。 

私が気がついたことーーーそれは

「Kちゃんが、私をいつもどれだけ優しく大切に見守ってくれているのか」

ということ・・・・・・。 

自分のことをあまりよくしゃべらないKちゃんを、
私はいつも「よくわからない」って腹を立てちゃっていたよね。ごめんね。 

ふりかえると、私はKちゃんから、言葉にならない心をいっぱい、
いっぱいかけてもらっていたんだね。 

私は、それを本当はちゃんと知らないうちに受け止めていて、
まるで赤ちゃんが毛布にくるまってスヤスヤ寝息をたてるように、
安心して毎日を過ごしていたくせに、ちっとも気づいていなくて。

それがいかにも当たり前のことのように慣れてしまっていたのね。
いつも仕事が忙しくて、帰りも深夜のKちゃんが、
少しでも早く帰って一緒に寝ることができると、私はものすごくよく眠れるの。

不眠症だった私なのに、すごいね。

Kちゃんががいない夜は、逆に目を覚ましてしまうの。
Kちゃんの太くて、大きい、がっちりとした手が、好き。
その手を握りながら寝ているときが、いちばん落ち着くの。 
Kちゃんは「いい化粧品ないかな」って嫌がるけど、目の笑いジワも好き。
ちょっぴり垂れている目を、細めながら笑ってくれたとき、「いい顔」だなって思う。
あったかい気持ちになるの。 
私が「キー」っててんぱっているときに
「笑顔でね。ニコッとしてごらん」って言ってくれるのも、好き。 
Kちゃんが淹れてくれるコーヒーも、大好き。いつもすごく美味しい。
同じコーヒー豆とコーヒーメーカーを使って私が淹れるのと、
全然違うのは、なんで?って不思議に思っていたの。
本当は、Kちゃんが私に心を込めて淹れてくれるからなんだね。 
つきあいはじめたばかりの頃、うちにきて「ここだとよく眠れる」と、いっていたじゃない? あれ、すごく嬉しかった。 
優しくて、いつもみんなのことを考えているKちゃんが、
純粋にリラックスしているときが、いちばん好き。

私だけが知っている、Kちゃんのやわらかい表情(かお)。 

この間、私の強引なおねだりをきいて、
土曜日の夜中から日曜日にかけて、日光へドライブにいったじゃない? 
光る緑のなか、ゆったりと呼吸をしながら、
「こういうのって、いいね」って言ってくれたことが、とても嬉しかった。
あちこちでお守りを選ぶ私を笑いながら、いっぱい買ってくれたよね。

最近、Kちゃんは出会った頃の

「笑顔ピカッ、歯もピカッ」を

取り戻してきているのがわかる。すごく嬉しい。
健やかなKちゃんが私には、やっぱりまぶしい。 
私にとって本当に大切なものは、Kちゃんがそばで微笑んでくれること。

どんなことがあっても、それだけは、信じて。お願い。

私は、言葉じゃない「しるし」を、もっと大切にしなくちゃね。 

態度と言葉が、心といつも裏腹の、私だけど、

あなたと一緒にいるときが、本当に幸せだから。

これからはもっと、素直な私でいられますように。 

これからも、ずっとずっと、録画したビデオを週末に一緒に観て 
頭をからっぽにしながら、笑いあえるふたりでいたい。

P.S.恥ずかしい台詞を(でも本当のキモチ)、
がんばって、いっぱい書いちゃった。

(日付)                                Love M