上質な関係を育てるコミュニケーションのために

お客様の声「夫との関係を修復する恋文」

彼に対する接し方の「目からうろこの軌道修正つき」で、素直で温かい恋文になりました。一人では無理でした。

━━━Q.この手紙を受け取って何を感じましたか?

  • これは言葉の宝物です。彼と結婚した原点を思い出しました。ふだん私が出しがちなちっぽけなプライド(苦笑)が一切まじっておらず、ただただ純粋な気持ちが綴られているので、読んでいて、「じ~ん」ときました。一言一言が、自分にとってかけがえのない思い出とともに蘇ってきました。「そっかー。私って、こんなに夫のこと大事に思ってたんだー。私っていいやつだ。だんなは幸せモンじゃ。」と自信をもてました(笑)。この手紙は自分でも、いつも持っていよう、と思います。

━━━Q.対面インタビューのメリットは何ですか?

  • 天邪鬼な私なのに!自分の「素直な気持ち」を改めて知ることができたことです。
  • 夫への思いを言葉にする機会などあまりないじゃないですか。普段。しかも、私はあまのじゃくの気質があるので、さらに難しいのです。でもって、それを第三者に伝えるだなんて、まー、最高に恥ずかしい。と最初は思っていました。 が、恋子さんが、分かったフリをすることもなく、私の言葉を鵜呑みにもせず、「それって例えばどういうエピソードがあります?」と一言一言こだわって、とっても丁寧かつ直球勝負で向かってきてくれたので「あ。私もちゃんと素直にならないと」と途中から、自分自身を茶化すことなく、誤魔化さずに、真剣に向き合うことができました。 「あ。そういえばこんなこともあったかも・・・」と、出てくる。出てくる。一人だったら、とてもとてもゴールは切れなかったです!そして、恋子さんがインタビュアーだったからこそ、と思います。

━━━Q.どのような心の変化がありましたか?

  • 自分が一番癒されて、ココロをメンテナンスすることができました。
  • 言霊効果を感じました。素直な気持ちを口にすることで、とっても癒し効果があるみたいです。不思議なことに、私は話しながら、夫への感謝の気持ちでいっぱいになりました。心の中で何度も「ありがとうね」とつぶやいていました。それによって自分が一番癒されて、ココロをメンテナンスすることができたように思います。マッサージに行ったり、ネイルやエステに行って気持ちがよくなるように、ココロのかさかさがツルツルになった気分。でもきっと、日々の生活の中では、どうしてもかさかさしてきてしまうものなので、時々、こういう作業は必要かもしれないですね。

━━━Q.恋子のヒアリング力と、文章構成力、表現力、想像力について、感想を教えてください。

  • 恋子さんの腕はすごい!!!!
  • 引き出し上手の恋子さんのおかげで(一体、恋子さんはどんな経験をしてきた人なの!?笑)最初は、うまく言葉にならない私でしたが、次第にあれもこれもと、本当に好き勝手話をさせていただきました。 ただ、自分は気持ちよかったですが、はたしてどうまとまるのか、と思っておりました。が、メールをいただき、このようになるのか・・・と感嘆いたしました。(プロの方に失礼ですが) でもね。とってもしっくりきたのです。なぜなら内容はすべて「私が話した」ことであり、そこには「つくり」も「誇張」もない、「等身大」の私の恋文だったから。 ほかの人に大事な恋文を書いてもらうのって、どうなの?ってなんだかちょっとうしろめたい気持ちがあったのですが、自分が話したことの中で、大事な部分を咀嚼して、効果的な言葉、表現、構成で仕上げていただくのに、プロの力をお借りするのはアリかも、と思いました。 というか、恋子さんの腕はすごい!!!! 私のこの感想では、うまく表現しきれていないのが悔しいです。

━━━Q.自分ひとりで書く恋文との違いはなんですか?

  •  相手にどう思われたいかなど、ちっぽけで邪魔なプライドを排除した、素直で温かい恋文にまとまったことですね。
  •  私の場合、自分ひとりだと色んな感情が交錯してしまって、あれもこれもと欲張ってしまったり、あるいは、格好つけてしまったり、、、結果、何を伝えたいのかわからなくなってしまい、挫折にいたっているような気がします。メールと恋文の間には、とても大きな壁がありますネ。今回、好き勝手に話させていただいている中、途中恋子さんが「今の話は、逆に相手に自信をなくさせてしまうかもしれませんね」「色々おっしゃってましたけど、今の一言が本当の気持ちだったんじゃないですか?」と率直に言って軌道修正してくれた場面が何度かあったのですが、それは私にとってありがたい言葉でしたし、目からウロコでした。今思えば、多分、私の素直さから来たエピソードではなく、相手にどう思われたいかだったり、ちっぽけなプライドがチラチラしていたんだと思うのですね。 逆効果になる、というツボも含めてきちんと押さえてくれているのは心強かったですね。

━━━Q.占いとの違い、心理カウンセリングとの違いを教えてください。

  •  難しい質問ですね。私の中に眠っていた「私の言葉」を恋子さんが形にして、私自身が私の中の幸せの青い鳥に気づくという点だと思います。
  •  多少、占い、心理カウンセリングと重なる部分はあるかもしれません。ただ、当たり前ですが、占い師、心理カウンセラーは手紙というカタチにしてくれるワケではありません。必ずしも「私の言葉」で伝えてくれるワケでもありません。うまく言えないのですが、恋子さんは、恋子さんの言葉、というよりも、「私の言葉」をくれる人なので、代筆してもらった、という違和感が少ないのかもしれません。先ほども書きましたが、手紙をもらって、さすが、と思うところは多々ありますが、と同時に、「そうなのよ。そうなのよ。こういうことが多分、私が言いたかったことなのよ」と、とてもしっくりくる、というところ。 書いてて思いましたが、そう思わせてしまうところも、プロなんでしょうね。

━━━Q.「恋文屋.com」の仕事をどのように感じましたか?

  •  単なる「恋文の代筆」以上の価値があることに深く驚きました。
  •  メールが氾濫している今だからこそ、ココロのこもったお手紙は嬉しいものですよね。それはわかっちゃいるけど、実際に便箋を前にすると、何から書いたらいいものやらわかりません。本屋に行って、「手紙の書き方」本に習って書いたりしてみても、なんかかたいなー。きどってるなー。自分のことじゃないみたいだなー。そういう違和感を感じてしまいます。恋子先生は、そんな私たちを見事にサポートしてくれます。 
  •  しかも、恋子先生は単なる代筆屋ではありません。 
  •  恋子先生が私たちの鏡となり、自分を見つめたり、癒されたり、大事な人たちの存在に改めて気づかせてくれたり、自分の中に眠ってる気持ちに焦点をあて、あえて言葉にすることで、私自身には、とてもプラスの効果がありました。

━━━Q.「恋文屋.com」は、どのようなかたに喜んでいただけそうでしょうか?

  •  everybody。これは「とにかく一度試してみて」。
  • 私もそんな効果があるなんて、思いませんでしたが、期待以上のものでした。それはお約束できます。とにかく試してみて!

━━━Q.そのほか、気がついたこと、なんでもけっこうです。教えてください。

  •  誰かのことを考えて、メッセージを送るということは、自分自身と向き合うことでもあるんですね。
  •  おかげさまで、ココロのメンテができました。私事ですが、これから自分自身の仕事も頑張ろうと思っているのですが、その道で自分が納得するような成果を出すことができたら、恋子さんに、自分宛てにお手紙を書いてもらいたいな、とひそかに思っております。最高のご褒美かも!!